白猫 blog

動物「生き生き」撮影

<

動物を撮るに当たって意識している事

普段、動物を撮っていますが、意識している事があります。それは、ある雑誌に、「写真を撮る時に、大切していること」の中に、内山先生が「感動しながらシャッターをきる事」と書いておられました。自分は、その言葉に対して、とても共感しました。無意識でシャッターを切ったら、味のない物になりダメになります。自分の感動が写真に残りそして思いが伝わります。感動は、とても大切です。この雑誌を見た時、自分も感動しながら「シャッターを切っていきたい」と強く思い、最近、感動しながらシャッターを切っています。

自己紹介

初めまして、写真を趣味として生きてます白猫25歳。仕事が休みの日に、主に動物園や水族館にて動物を撮っています。(最近は、動物園です。)自分の目標は、内山晟先生です。30歳までに、起業したいとつくづく考えています。

  カメラは、大学2年生頃から初めて始めました。その時は、ニコンD90です。一年間ぐらいしてまして、ある理由で辞めまして、社会人になり、D7100そしてフルサイズ機 750に移行し、富士フイルムに全面的に移動しました。

富士フィルムのVelbiaは、オススメです。緑の発色が派手で、綺麗です。ニコンには、vividはありますが、富士フィルムの方が良いです。

 話が逸れましたが、なぜ動物写真をしたいと思ったかですね。実は、動物写真をやる前に、様々なものを撮影しています。(飛行機、電車、夜景など)動物は、去年ぐらいから始めました。流石に、覚える事が多すぎで、以前から好きで動物にスポットを置き、書店で内山先生の動物園の撮影の本が出ていました。そこから内山先生の事を調べました。先生は、5大陸を制覇(野生動物)し、猫や犬を撮影されています。  

 内山先生を目標に立て、日々動物園にお邪魔して、撮影に取り組んでいます。

 

自分の撮影方法は、「生き生き」を活かして、カッコ良さや可愛さを写真の中に納めています。

 

◯現在の構成

ボディ・・・ ニコンD750

                     ニコンD500(今年、追加予定)

レンズ・・・超望遠レンズ NIKON 200-500 F5.6

                     望遠レンズ タムロン70-200 F2.8(A009)

                    標準レンズ NIKON 24-70 F2.8 (大三元)

                    単焦点レンズ NIKON58mm F1.4

 カメラ・・・富士フイルム XT-2

レンズ ・・・40-150 F2.8WR