白猫 blog

動物「生き生き」撮影

<

スマホと一眼レフとの違い

雑誌にて、スマホと一眼レフとの比較がありました。

ある動物園にて、カップルとの会話の中にスマホの方が上と話がありました。自分は、その会話の中に疑問が浮かびました。私自身は、一眼レフの方が優れていると思います。

  何故、一眼レフの方が優れているかと言うと、色々とあり過ぎますね。何の話しからしましょうか。まず始めに、センサーサイズの話からです。センサーサイズと聞いた事は、ありますか?

 

センサーサイズの大きさ

センサーとは、何かと言うと光を受ける所です。大きさが色々とありまして、デジタルの前は、フィルムカメラです。そのフィルムの大きさが、35mmです。その大きさが基本となります。フルサイズとなります。その大きさより下に行く程、距離が伸びボケの大きさが小さくのなります。その上がありますが、中判デジタルです。ここでは、割愛します。

f:id:naoedaisuki:20180423171059p:plain

wikipedia

この画像を見ていただくと判りますが、小さくなってますよね。スマホのセンサーサイズは、下から1番目か2番目あたりです。

 

スマホのセンサーサイズでは夜間の撮影は厳しい。

スマホのセンサーサイズ、前述しましたがで光の受光部が小さいので、ISO感動は上げれません。ノイジー画質になります。フルサイズや中判デジタルまたは、自分が持っているAPS-Cなら、上限が12800まで大丈夫です。(許容範囲です。)それ以上は、機種によりますが大丈夫な物あります。

 

一眼レフは、レンズによる効果がある。

一眼レフの大きな特徴として、レンズを交換する事で、レンズの味を楽しめる事です。レンズの味とは、ボケ、解像度、キレ味と言う事です。レンズには、単焦点レンズ、望遠レンズ、広角レンズがあります。超広角レンズ、フィッシュアイレンズがあります。スマホには、これが出来ません。最近ダブルレンズが搭載され、広角レンズと望遠レンズがついています。

最近、スマホポートレートモードがある。

ポートレートは、人物撮影の機能の事です。背景をボカして人物を際立せる事です。しかし、一眼レフの大きなボケが出ず、擬似的になります。

 

スマホと一眼レフのメリット・デメリット

スマホのメリット

 ・瞬時に撮影が出来る。

・ポケットに入れられる。

・画像編集が手軽に出来る。

ポートレートモードがある。

・レンズを交換しなくても広角で撮影出来る。

 

 

スマホのデメリット

・センサーサイズが小さい。

・機種によってポートレートモードがあるが、擬似的で綺麗なボケが出来ない。

・レンズが交換出来ない為、レンズにやる効果が得られない。

・夜間の撮影でノイズが出る。

 

一眼レフのメリット

・センサーサイズが大きく綺麗な画質が得られる。

・レンズ交換による効果が得られる。

 ・速い被写体に対して、AFか合う。

スマホより画質の編集が容易い。

・カメラによる露出が優秀。

・手持ちで夜景が撮影できる。

一眼レフのデメリット

・高価

・重い

・アクセサリーを揃えないといけない。

 

まとめ

 スマホは、センサーが小さい分ボケ味や夕暮れじの撮影に効力を発揮できません。一眼レフは、自分が撮影したい被写体に十分に発揮できます。一眼レフと比べるとズボンのポケットに入れ撮りたい時に、すぐに撮影できます。しかし、一眼レフは直ぐに撮影できません。レンズを着けて、やっと本格的にできます。

 

 まとめの所で書きますが、とても大事な所で撮影するなら、スマホと一眼レフどっちで撮影しますか。自分なら、一眼レフを必ず持込みます。スマホがない時代、フィルムカメラで撮影していましたよね。スマホと一眼レフで撮影する事は、全然違います。一眼レフで撮影する場合、「さあ、撮ろうか」と気持ちが入ります。一眼レフでの撮影の楽しみを覚えて頂きたいと思います。一眼レフ特有のボケ味や解像感を味わって欲しいと思います。